甲状腺の病気を改善させる方法|自覚症状を知ろう

免疫力を高めることが大事

聴診器

甲状腺とはのど仏の下にあって、新陳代謝を促す働きをします。甲状腺の病気としてはバセドウ病や橋本病や甲状腺ガンなどがあります。甲状腺機能の低下はストレスが原因になるので、ストレスを溜めないことが大事です。免疫力を高めることも大事で、バナナやプルーン、納豆などを普段から多く食べると予防になります。

Read

甲状腺機能の低下

横になる男性

甲状腺の病気は早く見つけて早く治療をすることで、よい経過が現れてきます。この病気はいろいろな症状が体に出てくるために最初に行く病院を、間違っている人が多くいて、違った病気と診断されるケースが多くなっている病気です。

Read

甲状腺から起こる病気

病院

甲状腺の病気は、甲状腺ホルモンバランスが崩れるため起こります。主に、バセドウ病や橋本病などがあり、早めの治療が必要です。甲状腺は小さい臓器で、病気になる原因は明確になっていません。それぞれの病気への治療法はあるため、専門医での検査を行う事が大切です。

Read

甲状腺の疾患

ハート

早期発見の工夫

甲状腺の病気には、色々な種類があります。まず、甲状腺とは、のどの部分にあるホルモン分泌器官です。甲状腺の疾患や異常を予測するのは困難です。しかし、早期発見できる工夫として、甲状腺のはれがあります。例えば、バセドウ病という、ホルモンの合成が異常に亢進する病気や、橋本病という、甲状腺の慢性的な炎症が起こる病気で見られます。また、甲状腺の病気でも、バセドウ病などは、遺伝の影響が強いため、身内に患者がいる場合は、検査を受けるという方法があります。遺伝の影響が強いと言っても、甲状腺の病気は、のどの腫れや眼球の突出などの症状が分かりやすく、他の病気よりも治療がしやすく、予後も良いため、過度に恐れる心配はありません。

甲状腺の疾患の特徴

甲状腺の病気の自覚症状としては、のど(のど仏の下)の腫れや首のしこり、眼球の突出、動悸や手の震えなどの特徴的な症状があります。また、ホルモンの分泌の亢進か低下によって、暑がりか寒がりになる、体重が減るか増える、などの対照的な症状が出ます。また、自覚症状はなくても、健康診断で異常が指摘されることもあります。いずれも、他の疾患でも起こる症状もあるので、甲状腺の病気かどうかを検査する必要があります。甲状腺の病気の治療は、例えば甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるバセドウ病では、ホルモンの合成を抑制する薬で治療したり、ヨウ素を投与したり、手術で切除する方法があります。逆に、橋本病などで甲状腺の機能が低下している場合は、甲状腺ホルモンを投与します。